トップページ > 経営方針

経営方針

Customer Delight!~お客様に喜びを~ 株式会社大野興業は「Customer Delight」を合言葉に、次のような経営方針で社業に臨んでおります。

明治30年、東京の地に鉄鋼専業商として創業して以来、
一世紀を超える歴史に裏打ちされた豊富な経験と知識による、

1 提案型営業
豊富な経験により培った知識と幅広い情報力を活かし提案型営業をする。
2 きめ細かな対応
金属及び樹脂分野の専門家として、各分野において責任を持ったきめ細かい対応をする。
3 新技術・新製品の導入
先端技術の習得と新製品開発に努める。

鉄鋼から医療まで

当社は1897年の創業以来、関東地区では最も長い歴史をもつ鉄鋼流通業として業務に励んでまいりました。 官営八幡製鐵時代より新日本製鐵の鉄鋼製品を需要家へ販売することを生業としております。

医療用精密立体モデルKEZLEX®製品画像

1999年、次世紀に向かい流通業としてより一層の需要家志向を目指し、従前からの量産製造部門に加え、 各社の開発試作部門の支援業務をも強化してまいりました。

そこで試作品製造に関する世界の最先端技術を学び、これらの技術を複合して、 医療の分野においても医師から患者の双方に「Customer Delight!」(お客様へ喜びを!)をお届けしたいと考えました。

医療用精密立体モデルKEZLEX®関しては国内外に特許を取得、申請中の技術も複数保有しております。

今後も工業用・医療用等用途を問わず「Customer Delight!」(お客様へ喜びを!)を当社の理念として、 常に学び、挑戦し、時代の変化に先駆ける技術開発と研究に努力を重ねる所存でございます。

ページの先頭へ戻る

経営方針